相続に強い弁護士の選び方

弁護士ランキングは存在する?

誰しもが相続に一番強い弁護士、できるかぎり腕利きの弁護士に相談したい!という風に思うのではないでしょうか。実際、インターネット上で「相続 弁護士 ランキング」といったキーワードで弁護士を探す方は多いようです。ただ残念なことに実際には相続に強いかどうかに対しての「厳正な評価システム」自体が現在は確立されていないため「相続弁護士ランキング」といった格付けサイトは存在し得ません。

自分にとって良い病院を探すのと同じように、良い法律事務所も結局は自分で探さなければなりません。たまたま相続に強い法律事務所を知り合いが紹介してくれた、たまたま知り合いが相続に強い弁護士だった、という場合以外は、それぞれの法律事務所を自分で比較検討しなければならないのです。

 

結論

結論から申しあげますと、弁護士法人結の杜総合法律事務所は以下にあげる条件をいずれも満たす「相続に強い弁護士」のいる「相続に強い法律事務所」です。どんな遺産相続・遺言でお悩みの方にも最良の解決策をご提案できると自負しております。

 

①相続にどれくらい力を入れている法律事務所かチェック

まず法律事務所として「遺言・相続」という分野に力を入れて取り組んでいるか?

弁護士が取り扱うことのできる業務分野は非常に幅広く、刑事事件などから過払金請求など非常に幅広いです。その法律事務所が単純に取り扱うことのできる分野の一つとして相続案件を取り扱っているのか、それとも事務所の総合ホームページとは別に「相続専門の特設ホームページ」を開設しているくらい相続に注力しているのか、一度チェックしてみるとよいでしょう。また、これまでに相続案件をどれくらい経験してきているのか実際に聞いてみるのも一つの方法です。

 

②他業種と連携しているかチェック

相続問題ではとても重要なのが他業種とどれくらい連携しているかです。

相続問題には弁護士だけでは解決出来ないことがあります。たとえば遺産の中に不動産があれば、司法書士や不動産業者などとの連携が必須となります。

相続税など「税」に関することは、弁護士ではなく税理士が専門に扱う分野となります。

とくに税理士との連携は最も重要です。弁護士は司法書士、行政書士の業務内容を実際には兼ねることができますが、税理士だけはこれらの3つとは完全に別の分野だからです。

通常、相続問題を全て解決するためには、弁護士だけではなく他業種の専門家にも相談する必要が発生します。

このとき、通常であれば弁護士と司法書士、税理士などの専門家にお客様自身が個別に相談に行き、手続を依頼することになりますが、時間的にも労力的にも費用的にもかなり負担がかかります。

相続問題を依頼する弁護士を選ぶ場合には、なるべく多くの専門業種と提携関係がある事務所、提携している税理士や司法書士などがいる弁護士を選ぶとよいでしょう。最終的に手続きの中で不動産登記や相続税申告が必要になったときにも、個別に自分で専門家に依頼する手間を省けます。

 

③相続への情熱、日々研究の姿勢があるかチェック

相続に強い弁護士を選ぶ場合、その業務に取り組む熱意も要チェックです。

高い志を持って取り組んでいるかどうか、さらには最新の法改正はもちろんのこと、最新の実務処理ノウハウなどに関しても勉強を欠かさない、努力をしている熱量のある事務所かどうかチェックするとよいでしょう。相続業務を大量に流れ作業的にこなしているような事務所は要注意です。

 

④費用が明確かつ適正かどうかチェック

最も肝心な「費用」に関して、事前に見積もりを取ってくれるかどうか、またできる限り明確にそれを提示してくれるかどうかも大切なチェックポイントです。2004年に「報酬基準」が廃止されて以降、弁護士はそれぞれ自由に料金を定められるようになりました。そのため法律事務所によってそれぞれ料金は違います。何らかの基準に沿った良心的な価格設定になっているかどうかを注意する必要があります。  

 

⑤話しやすい先生かどうか、事務所の雰囲気はいいかチェック

相続問題では、初回の相談だけではなく、依頼後も何度も弁護士と直接打ち合わせをして案件を解決していくことになるため、丁寧に一から説明してくれる弁護士かどうか、専門用語を多用し独りよがりな説明をする弁護士でなはいかチェックしておいた方がよいでしょう。

また、案件を解決まで導いてくれるのは、弁護士1人だけではありません。事務所に所属している複数の弁護士や税理士、弁護士秘書、事務スタッフ全員ら全員が一丸となって案件に取り組むのです。どんなに大きな事務所であっても事務所内の連携が取れていなければ最高の仕事はできません。所員同士の雰囲気が良い事務所であるかどうかチェックすると良いでしょう。

 

⑥仕事の早さ、フットワークの軽さがあるかチェック

相続ではタイムリミットのある手続きがたくさんあります。また、テンポよく進めていくべき手続きや行程がいくつも存在します。また必要に応じて外に調査に行ったり交渉に行ったりすることも多いです。弁護士複数名、スタッフ複数名が協力し合うことでテンポのよいスピーディーな業務が生まれます。効率よく業務をすすめることにもこだわっているかチェックしましょう。

お客様の中には「年配の弁護士は対応、レスポンスが遅くあまり親身になってくれていると感じられなかった」といった経験をお持ちの方も中にはいらっしゃるようです。たとえ長年の経験や実績が記録的にはある弁護士だとしてもここはチェックが必要です。

 

⑦地域のことがわかる弁護士、税理士、スタッフかどうかチェック

相続は親族どうしのトラブルのため地域性なども関係してきます。地域独特の風習や田舎ならではのしきたり、農業や酪農などの家業にまつわる嫁姑問題など、地方出身者でなければ共感できない思いや感情というものが存在する場合があります。また、単純にその地域に関する土地勘が問題解決の要となることもあります。宮城の各地域や東北各県各地域に関して土地勘も理解もある人間達が対応することが重要なポイントとなることもあります。

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

※お電話でご予約の際には「お名前」「ご連絡先」「ご相談内容の大まかな内容」をお伝え頂くとスムーズです。現在テレビ電話形式のオンライン相談を導入中です。ご希望のお客様はお問い合わせの際お申し付け下さい。

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0227970741電話番号リンク 問い合わせバナー